男性 50代

椎間板ヘルニアで妻を満足させることができませんでしたが、マカのおかげで解消できました

投稿日:2018年5月6日 更新日:

「50歳 Sさん」

若い頃にやった椎間板ヘルニアの手術が50代になって痛みだし、夜の夫婦生活で妻を欲求不満にさせてしまうようになってしまいました。

その結果、家の中では暗い空気でした。

しかし、そんな日々に光を与えてくれたのがマカでした。

椎間板ヘルニア


 

若い頃手術した椎間板エルニアが古傷になって不調な日々

私がまだ30代の現役で仕事もバリバリした頃、椎間板ヘルニアの手術をしました。

もう15年委以上前のことですが、術後は体調も良く、何の問題もなく暮らしていたのですが、50代の中年になってまた同じ場所を痛めてしまいました。

それ以来、身体全体の節々が痛むようになり、自分の身体が自分のものではないような倦怠感に、常にとらわれるようになりました。

医者に行って相談しても、特別な治療もしてくれず、過労が原因だろうと言われます。

「せいぜい温泉にでも使って療養してはどうですか?」
程度のアドバイスしか受けられず、まるで解決の糸口がつかめませんでした。

 

会社でも家庭でも休まらない日々

私は、会社では経理課にいます。

幸か不幸か、会社は無駄な人件費を削減残業はせずに早く帰れという方針のため、早めに家に戻って体を休められることが唯一の救いだったのです。

ただ、収入は減りましたし、家に帰っても気の休まることがありません。

腰を痛めてからは妻との夜の夫婦生活も一切なくなり、そのせいか妻はいつもイライラして、子供に当たり散らすようなことが多くなりました。

私というと、身体の倦怠感から、家に帰ってもゴロ寝するばかりです。

ゴロ寝しながらテレビで好きなプロ野球の番組などを見ていると、勝手にリモコンでチャンネルを変えてしまいます。

妻はまるで子供の悪戯のような手段で、私に嫌がらせをしてくるのです。

食事する時だって、家族間の会話もなく食卓にはトゲトゲした雰囲気が漂っています。

子供たちはまだ中学生で、これから高校受験や大学受験を控えています。

まだまだお金がかかるため、私も仕事して稼がないといけません。

それなのに、私がこんな状態では・・・と、どうしても暗い気分に落ち込んでしまいます。


 

 

マカを飲むようになって家族円満を取り戻せました

こんな時に、まさに藁をもすがるような気持ちで試してみたのがマカのサプリメントでした。

最初は、雑誌で紹介されていた試供品の無料プレゼントに応募し、運よく当選したのがすべての始まりでした。

後日、送られてきたマカを3日間試しましたが、それだけでも効果を感じることができました。

 

妻にも勧めて一緒にマカを飲む生活

それからマカを買い求め、妻にも勧めて一緒に飲むことにしました。

妻のほうは、いわゆる更年期障害だったようで、マカのおかげでその苦しみがずっと楽になったようです。

私の方はしつこい身体の倦怠感が消え、朝起きると体中に力が漲ってくる気分です。

2人とも体調が良くなったのですから、夜の生活も当然復活しました。

おかげで夫婦の仲良く明るい夫婦関係を取り戻すことができました。

あまりにも突然の変化に、子供たちも理由はわからないながらも、家族みんなが嬉しそうです。

-男性 50代
-,

執筆者: