男性 50代

もともとセックスには淡泊な私ですがマカが私を変えました

投稿日:2018年5月12日 更新日:

「57歳 Iさん」

セックスには比較的淡泊な私でしたが、マカを飲み始めてインカ帝国の戦士になったように下半身が強くなってしまいました。

妻の欲求にも今まで以上にこたえることができるようになったのは、古代インカ帝国から伝わるマカの凄さです。

起床


 

妻が紹介したマカでしたが、今更という感じでした

マカについては聞き込んできたのは私の妻でした。

という理由はここ2年ほど、私のムスコがほとんど役に立たず、妻との夜の夫婦生活もまるでご無沙汰になっていたからです。

しかし、妻は違って
「このまま2度とセックスができないのは、どうしても嫌だ」
と、私に言います。

私はもともとセックスには淡泊な人間で、若い頃から女性と寝ても1度射精すればもうたくさんという気分になります。

雑誌の記事などでよく、何度も何度も女性に挑んで相手を悶絶させるような体験談が出てきますが、あんなのは十中八九はホラ話だと思っていました。

私たち夫婦には、すでに2人の子供がいますし、この歳で今更セックスでもないだろうというのが、実は正直な気持ちでもありました。

 

インカ帝国を偉大さを感じさせてくれるマカ

私は古代史の本を読むのが趣味なのですが、マカが古代インカ帝国以来の精力剤であることを聞き、ちょっとした好奇心から購入してみたのです。

手元に届いたマカのサプリメントを少しドキドキしながら飲んでみると、少し苦くも感じながら南アメリカの広大な大地を連想する複雑な味わいに思えてきました。

驚いたことに、2日目の朝には下半身にある予感を感じました。

 

 

マカを飲んで3日目の朝に実感

3日目になると前日の予感が的中し、本当に久しぶりに朝立ちがあったのです。

妻を起こしてそれを見せたら、妻も感激してすぐに抱きついてきました。

私も、インカ帝国の戦士のイメージを頭の中で膨らませながら、妻の欲求に応じました。

妻の中に入っていく時には、非常に新鮮な高ぶりを感じました。

しかも、かつてないほど長時間に渡り勃起を持続でき、妻はその間に何度も何度も絶頂に達したのです。

以前は、妻が一度イッテしまうと私もすぐイクようにしていたのですが、今回の私は何度も新たな挿入を繰り返しました。

その結果、私は妻の中に新たなポイントを発見したのです。

そこを意識的に刺激すると、妻は簡単にイッテしまうのです。

 

マカは私にとって女房孝行に欠かせません

私にとっても、マカを飲み始めてから女房とのセックスの刺激はいままで想像もしなかった快感でした。

最近、終わった後で、
「こんなの本当に初めて」
と、ため息をついた妻も心から満足したよう言うのです。

後で、妻に聞いてみるとセックスレスの状態だったこの2年間よくオナニーをしていたそうです。

夜の夫婦生活が復活してすっかり明るくなった妻の姿を見ると、やはりいくつになっても女房孝行は大事だと、思い直している私です。

-男性 50代
-, , ,

執筆者: