男性 50代

マカのおかげで10歳は若返った気持ちです

投稿日:2018年5月22日 更新日:

「52歳 Mさん」

中間管理職の公務員は気楽なものと世間は思っているでしょうが、実際になるとみなさんと同じようにストレスもあります。

体調不良が心配だったので医者に相談すると胃潰瘍でしたが、夜の妻の期待に応えるために試したのがマカでした。

公務員


 

40歳と50歳でくる男の曲がり角

私はゴルフが唯一の趣味と言っていいのですが、40代後半になってからは、コースに出た翌日に疲れが残るようになりました。

それで思い出すのは、私がまだ30代の若い頃、当時40代後輩の先輩からよく聞いていた、格言めいた言葉です。

「体力は40歳から、精力は50歳を境にガクッと衰えるぞ」
という話でしたが、体力にはけっこう自身を持っていた私はあまり気にしていませんでした。

しかし、実際に私もその年齢に差し掛かった時、体力ばかりでなく精力の衰えを感じるようになってしまったのです。

「私もそういう年齢になってしまったのか・・・」
などと、寂しい気持ちでした。

 

40代の中間管理職という仕事

40代というと、公務員の世界でも、管理職として心労が重なる時期です。

子供たちの教育にもお金がかかるようになり、かといって民間の会社のように給料は増えていきません。

年金や退職金の面で少しは恵まれていますし、民間企業のようにリストラにおびえるようなことはないにしろ、日々我慢をすることも重なります。

お酒や遊びでパッと発散することのできないストレスが、日々積み重なってくるのです。

 

 

女房の期待に応えられない自分の情けさでしたが、秘密のマカで名誉挽回

ある日の夜、女房から求められ応じてセックスを試みたところ、肝心のムスコが中折れになってしまいました。

普段から、私は自慢げに
「若い奴らにはまだまだ負けない」
と豪語していただけに、女房の落胆は大きかったようです。

その時の私を見る冷ややかな目つきには、心からドキッとしました。

そんな精神的な痛手もあったのか、以後は中折れどころか、ムスコがインポ状態になってしまったのです。

何度かの失敗を経て、女房は目に見えて不機嫌になっていきました。

これを気にして、仕事のほうでもめっきり気力が衰え、普段の仕事をしているだけで、大きな疲労を感じるようになってきました。

 

医者に行くとストレスからの胃潰瘍気味と診断

ある日、強い胃の痛みを感じたので、医者にいったところ、胃潰瘍気味で、普段から休息を心がけるように言われました。

だから言って、休日に家でゴロゴロしていては、女房の冷たい目線が待っているだけです。

もう身体極まったと感じている時に、雑誌の広告でマカを知りました。

へそくりのお金を投資して、早速マカを買い求めて飲み始めたところ、素晴らしい効き目があったのです。

中折れなして、ムスコは立派に役目を果たします。

体調も良く、疲れもよくとれるようになって10歳は若返った気分です。

マカのことはいまでも女房にはヒミツで、自力で回復したと、大威張りの生活を送っています。

-男性 50代
-, , ,

執筆者: