女性 20代

妊活にオススメのマカはサプリメントと言ってもあくまで自然食品

投稿日:2018年5月14日 更新日:

「29歳 Hさん」

原因不明の不妊症や親族からの赤ちゃんへの期待など、私は妊娠に対するプレッシャーを日々感じていました。

産婦人科からもらう薬や漢方薬もためしてみましたが、一番効果を実感できたのは自然食品のマカのサプリメントでした。

流産


 

結婚して初めてくる妊娠に対する親族など周囲からのプレッシャー

27歳と今の時代では比較的若いうちに、今の主人と結婚しました。

主人の実家が近く、姑との関係なども決して悪くはないと思います。

しかし、周囲の人たちからの
「赤ちゃんはまだ?」
と聞かれるのはプレッシャーに感じていたことは事実です。

しかし、親の立場からすると1年ほどたつと、義理の両親の期待は当然だと思います。

初めの内はそこまで気になりませんでしたが、日に日にその赤ちゃんへの期待が私へのプレッシャーとして重くのしかかるようになりました。

 

妊娠できないのは昔からの生理痛が原因かと心配に

一度、私は産婦人科で子宮の検査を受けて、不妊症なのか診察してもらおうという気になりました。

その理由は、私は以前から生理痛がひどかったのです。

それが原因でいくら妊活しても妊娠できないのは、何か不妊症の原因があるのではないかと心配になったからです。

他の女性と比べて、私の生理痛がひどかったのは今に始まったわけではなく10代の頃からです。

ひどく痛む時には、学校を休むこともあり痛み止めの薬が欠かせませんでした。

 

産婦人科で検査の結果不妊症に対する異常はなし

産婦人科で結果を言われるまでは、
「もし、不妊症です」
などと、先生に言われたらどうしようなどとかなり心配していました。

しかし、精密検査の結果、幸い不妊症と疑われる原因や子宮の異常は何も見つかりませんでした。

ですが、不妊症と疑われる原因はないのにどうして、なかなか妊娠できないのか尋ねると
「現代の不妊症の原因はほとんどが原因不明と言えます」
などと、言われました。

つまり、女性の不妊症の原因として卵巣機能不全、子宮内膜症など明確にわかるものもあります。

しかし、原因が特定できなかったから不妊症ではないと断言はできないと言われました。

 

 

産婦人科で診察を受けたのをきっかけに、妊活をスタート

産婦人科で精密検査を受けた際、妊活などのアドバイスを聞き、毎日基礎体温を計るようにしました。

私が使っていた基礎体温計は排卵日や妊娠の有無が表示されるデジタル式の基礎体温計でした。

定期的に通うようになった病院へは毎回基礎体温のデータを持参し、診察を受けるのですが、特に問題はありませんでした。

つまり、私たち夫婦の不妊症の原因はわからずじまいで、ストレスはたまる一方でした。

そんな、私たち夫婦の気持ちに知らずに親戚などから赤ちゃんを望む周囲の声も、日増しに高まっていきました。

 

嬉し涙の妊娠と悲し涙の流産

それから1年後の春、念願の妊娠が判明し、主人も私も嬉し涙を流しました。

しかし、その涙は2カ月後の流産によって悲し涙へと変わってしまいました。

確かに、流産自体は悲しい事ではありましたが、私の体がまったく妊娠できない不妊症ではないことが分かり、ある意味安心したのも事実です。

 

妊活の成功は漢方薬よりマカでした

いろいろ、妊活の情報を積極的に調べるようになり西洋医学ではなく東洋医学で体質改善をしてみようと考えるようになりました。

漢方薬なら生理痛で悩む私も副作用が少ないと思ったからです。

そして近くの漢方薬局へ相談に行ってみました。

その時、漢方医からは、
「体質改善は期待できますが時間がかかるかもしれないので気長に飲むことを心がけてください」
と、アドバイスを受け産婦人科からの薬と並行するようになりました。

 

自然食品のマカを発見

ある日の朝、新聞を読んでいると広告欄に『不妊症』という文字に思わず目が留まりました。

その時初めて、妊活のサプリメントでマカというものがあることを知りました。

これ以上、薬を飲むのはやめようと思いましたが、マカはあくまで日本ではサプリメントとして販売していますがもともとは自然食品だと言うことで早速購入してみたのです。

正直言って、マカ妊活への効果のほどは半信半疑だったため、最初は私だけ1日1回を目安に飲んでいました。

そのうち今まで周期が不規則だった生理が安定したので体への効果は実感できました。

 

主人も一緒にマカで妊活

マカは何も女性だけの妊活サプリメントではなく、男性にも効果が期待できると紹介されていたので主人にも毎朝飲んでもらうようにお願いすると、快く協力してくれました。

それと同時に、私も1日2回にマカを服用する量を増やしてみました。

それを1カ月続けたところ、基礎体温計に妊娠のマークが表示されたのです。

まさかと思いながら病院へ行くと、やっぱりおめでただったのです。

当時のこの頃、人工授精などの不妊治療を始めようか悩んでいたので、妊娠できるなんで夢にも思っていませんでした。

それまで、冷たい目に見られている、と思っていた親戚の叔母たちに、
「おめでとう、頑張ったわね」
と、優しく言われた時は思わず、2度目の嬉し涙を流してしまいました。

新聞の広告記事で読んだマカの効果が一番効果を実感できました。

不妊症に悩む友人がいたらマカを教えてあげようと思っています。

-女性 20代
-, , , ,

執筆者: